sototo アウトドアレシピ
夏の多国籍ベリーヌ
フレーバー・モヒート
ほくほくジャーマンポテト
Photo Gallery
夏疲れのカラダを爽やかに潤す
ライム&ミントの南国カクテル。
盛夏を過ぎ、少しずつ暑さがやわらいでくる9月。
ときおり頬をなでる夜風にほんのりと秋の気配を感じたら、
エアコンをオフにして、ベランダへ移動。
今夜はモヒートを用意して、大人の夕涼みパーティといきましょう。
「モヒート」とは、カリブ海に浮かぶ灼熱の島、
キューバのハバナが発祥と言われるラムベースのカクテル。
フレッシュなライムやミントをふんだんに使った
爽やかな味わいが、蒸し暑い時期にぴったりなんです。
それに合わせる料理は、ひんやり冷たいベリーヌと
サワークリームを添えたジャーマンポテトに決まり。
ベリーヌは具材を層状にしてグラスに重ねたフードのことで、
パリ生まれらしい、おしゃれなルックスがパーティにうってつけ。

イタリアン、メキシカン、和風…。
  ベリーヌはアイデアが勝負です。
ベランダパーティの支度は、まずベリーヌのレシピ発案から。
旬の食材をずらっと挙げて組み合わせるのもよし、
和洋中の料理ジャンルから攻めるのもよし、ここはアイデアを総動員!
角切りベーコン×ズッキーニ。ツナ×枝豆。エビ×パプリカ。
生ハムやスモークサーモンに、フルーツを合わせてもいいかも。
素材の相性だけでなく、ドレッシングや味付けも肝心です。
練りに練って、タコとセロリ、オリーブのマスタード風味マリネ、
アボカドとトマトをサルサソースで味わうメキシカン風、
オクラ・みょうが・大葉をあしらったそうめんの3種類に決定!
彩りにも趣向を凝らしながらショットグラスに盛り付けて、
カラフルな多国籍ベリーヌができあがりました。

ベランダにキャンドルを灯して
夏の終わりの宵を、ゆるゆると。
窓を開け放ったベランダにテーブルを出し、
モヒートの材料や料理を並べてスタンバイ完了。
カットしたライムやミントの葉と一緒に
完熟マンゴーとフランボーワーズも用意して、
それぞれが好みのフレーバーモヒートにアレンジします。
乾杯の準備ができたら、部屋の電気をすべて消して、
夜景のきらめきとキャンドルの明かりだけに。
すると、涼やかな夜風にのってミントやライムの香りが鼻先をくすぐり、
たまっていた夏の疲れがすうっと吹き消されていくよう。
街のざわめきが遠くに聞こえる心地よい静けさのなか、
時間の流れをちょっとゆるめて、過ぎゆく夏を楽しみました。

プリントして持ち歩けるレシピはこちらから
用意したいアイテム
・ショットグラス(小さめのグラスで代用可)
・キャンドル  ・ラグマット  ・テーブル
Page